TOP
53.81score

chibo

スポンサー健康ネット

いったいどんな味?山羊汁を食べてみた!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


お肉といえば、牛肉、豚肉、鶏肉、たまに馬肉、羊肉(ラム、マトン)ぐらいでしょうおか・・・。でも、沖縄ではヤギのお肉も食べてしまうのです。

沖縄の食用ヤギはヒージャーと呼ばれています。ヒージャーとは、「ヒゲのある動物」という意味だそうです。一般的には白い色をしていますが、島ヒージャーと呼ばれる古くからいるヒージャーは小柄で色が付いています。沖縄では、ヒージャーグスイ(山羊料理は栄養価が高く薬となる)といって昔から栄養補給源として役立っていました。

沖縄に限らず、戦後の日本では粗末なエサでも育つ、ヤギを飼育することがブームになったそうです。ヤギの乳は貴重なタンパク源とされていました。雑草さえあれば育てられるヤギを自宅で飼育する家庭も多かったそうです。その中でも、台風などの自然災害によって食糧事情の変化が大きい沖縄では安定的な食糧としてヤギに対するニーズが高く、庭先で育てる文化が根付いたそうです。

結婚式などの祝い事の際に飼っているヤギを親戚一同に振る舞ったり、新築建設中のスラブ打ち(県外で言うところの棟上式)の際にヤギが食されたりしています。

ヤギ肉は赤身が多く、低脂肪・高タンパク質でヘルシーな食材です。ヤギの乳は栄養価が高く、肉は滋養強壮食として珍重されています。また、体内にある毒素を排除してくれるという点から喘息や冷え性などにも薬として用いられてきました。

しかし、高血圧や妊娠中、病気中の方は注意して食べましょう。食べると体調が悪化することがあります。場合によっては、鼻血が出てしまうこともあるそうです。

ヒージャーについて、あれこれ語ってきましたが、最後に食べた感想を書かせてもらいます。以前沖縄に行った際に、山羊汁を食べてきました。正直、美味しさは期待していませんでした。きっと獣の臭いというか、牧場の臭いというか・・・そんなキツイ臭いがして美味しくないのだろうと思っていました。

運ばれてきた山羊汁。見た目はやっぱりグロテスクです。沖縄独特の食材ってグロテスクなもの多いですよね。たぶん、普段見慣れないからそう思うだけのでしょうが・・・。

まずは、山羊のお肉をパクリ。やや臭みはありますがラムみたいな感じでした。普段食べているラム肉をもっと野生的に、ちょっと獣っぽくした感じの味です。個人的にラム肉大好きなので、山羊肉も抵抗なく食べられました。しかし、同伴者は「ムリ―」と言っていました。これは、得意不得意が分かれる
味ですね。

なにはともあれ、沖縄以外ではなかなか食べる機会のない山羊。一度はトライしてみることをオススメします。

.

最終更新日:2015-09-04 23:21

コメント (0)