TOP
49.45score

chibo

スポンサーKataribe

目指すは「低カロリー・高栄養」の食事

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

食事制限と運動どちらもバランスよく行うのが一番なのでしょうが、究極の選択!といわれたら、やっぱり食事制限。運動しても食べ過ぎれば太りますからね。

食べ過ぎちゃったから今日はジムで運動頑張る!なんて、言っている人もいますが、その運動でいったいどの程度のカロリーが消費されるか知ってる?と突っ込みたくなることもあります。

例えば、52kgの女性が500kcalを消費するためには、こんなに運動が必要です。
・水泳(平泳ぎ):約60分 ・ランニング:約80分・テニス:約90分
・エアロビ:約100分
ダイエットの為にとヨガに通う方もいますが、ハタヨガなんて約360分。6時間ですよ!

それぐらい、500kcalを運動で消費するのは大変なんです。でも、食事で500kcalの調整って、ちょっと意識するだけで簡単にできてしまいます。

とりあえず、普段どのぐらい過剰にカロリーを摂取しているかチェックしてみましょう。コンビニで菓子パン、スナック菓子、ジュース類のパッケージを見てみてください。これだけでこんなにカロリーあるの?!というような商品がごろごろあります。

次に、普段の生活の中でちょっと意識して摂取カロリーをカットしていきましょう。
「買う前にカロリーをチェックする」「ごはんの量を軽めにする」「ドレッシングはノンオイル」「お菓子は和菓子中心で」「水分補給は水やお茶で」「お肉の脂身はカット」
など、ちょっと考えただけでも沢山出てきます。

あと、食事制限をすることのメリットとしてはカラダに悪いものを排除できるという点です。ちょっと極端かもしれませんが、高カロリーのものは大抵カラダに悪いものが多いです。

スナック菓子には油や塩分が。ケーキには砂糖や脂肪分が。インスタントラーメンには添加物が・・・ 

逆に、低カロリーな食事を目指すと、自然とカラダに良いものを摂る事になります。自炊をしたり、野菜中心の食事にしたり。ダイエットはもちろんですが、健康のためにもとても良いですね。

ただ、注意したいのが栄養面。カロリーばかり気にして栄養が偏ったり、不足するのは良くありません。これでは、痩せたとしても肌が荒れたり、健康を損ねる可能性があります。「低下カロリー・低栄養」にならないようにしっかりと注意が必要です。自分でコントロールができないようであれば、ダイエット食品などに頼るのも良いかもしれません。

結局のところ、某有名なプライベートジムも食事制限・管理が厳しくて、それで痩せたという話もありますからね。なにはともあれ、運動だけでのダイエットはなかなか難しいと思います。特に短期でダイエットしたいなら尚更です。

.

最終更新日:2015-09-09 14:35

コメント (0)