TOP
45.69score

chibo

スポンサー健康ネット

日帰りでも行けちゃう!海の透明度が抜群の阿嘉島。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

阿嘉島は慶良間諸島に属する島です。
那覇港からフェリーが出ていて、50分~90分で行くことができます。
ハイシーズンにはチケットが売り切れる可能性もあるので、事前予約しておくことをオススメします。
クーラーのきいた船内で過ごすのも良いのですが、天気がよければ甲板に出て風に吹かれながら海を眺めるのも気持ちが良いですよ。

【情熱的な犬!シロがお出迎え】
阿嘉島に着くと、まずお出迎えしてくれるのが「シロ」の像です。このシロという犬ですが、阿嘉島の民宿に飼われていた雄犬で、対岸の座間味に住む雌犬マリリンに会うために、潮流の速い海を泳いで渡ったそうです。そのため、この像は座間味の方角を向いています。この話は「マリリンに逢いたい」という映画にもなっています。しかも、シロ役は本物のシロが演じたそうです。

【やっぱり海!透明度がヤバイ!】
阿嘉島についたら、もう海で遊ぶしかありません。海の透明度が高く、ダイバーも多く訪れます。浅瀬をシュノーケリングするだけでも沢山の魚を見ることが出来るので子供連れにもオススメです。阿嘉島のビーチには、バナナボートやジェットスキーのようなマリンレジャーはありません。妙に観光地化していないので、ノンビリ過ごすことができます。ビーチはいくつかありますが、設備の整っているビーチもあれば、自然なままのビーチもあります。事前に設備についてはチェックしていきましょう。

【シュノーケリングツアーは今晩の食料調達!?】
私が宿泊した民宿では、オーナーのボートで沖のほうまでシュノーケリングに連れて行ってくれました。ビーチで遊んでいるだけでも海の透明度にビックリしていたのですが、ちょっと沖にでただけて、もう比べ物にならないぐらいクリアなんです。もうビックリしました。そして、その透明な海の中で何をするか・・・それは夜光貝をさがす!!とれたらそれが晩御飯の1品になります。もう、何度もこの宿にリピートしている常連さんもいて、そんな方々はホイホイと貝を見つけるのですが、私は潜ることもままならない状態で・・・。皆さんが頑張って獲ってくれた貝を美味しく頂きました。

.

最終更新日:2015-10-01 10:13

コメント (0)